売れるサイトはこんなサイト

更新の手間がかからないサイト

サイトM&Aの世界には、売れやすいサイト・売れにくいサイトのおまかな特徴のようなものがあります。まず、人というのは株や投資信託の投資活動、または家賃収入などの不労所得を得る事を願っている人が多い傾向です。そんな中、「何もしなくてもお金が手に入る」サイトは売れやすく、もし運営の手間暇がかからない一方で多額の広告収入を得られる場合は高く売れます。そのため、サイトM&Aサービスを通じて売却する場合はPR欄にどれだけ楽に管理出来て、どれだけ効率よく稼げるかを是非最大限アピールしてみてください。そうすれば、短期間でコストを回収できる事が購入希望者にうまく伝わり、高く売れる可能性が高まります。ちなみにサーチエンジンからオーソリティーサイトとして扱われている特定分野の専門用語集系サイトは、基本的に更新の必要がないため好まれがちです。

キーワード広告の入札単価が高い業界に関するサイト

サーチエンジンにてコンテンツを作り込んで上位を狙うのではなく、キーワード広告に参入して手っ取り早く集客するという方法は昔から盛んに行われてきました。しかし、どんな業種においてもオフライン専業からオンライン事業にも進出するケースが増えており、キーワード広告の入札単価は上昇している傾向です。特に競争の高い業界ではキーワードの高騰ぶりが凄く、その業界のプレーヤーたちは疲弊してきています。そして、なんとか継続的なコストのかからない方法でサイトに集客するための方法として、サテライトサイトを作るケースが増加中です。ただし、サテライトサイトを作るとしてもお金や時間がかかりますし、サーチエンジンの順位が上がってくるまで相当な時間を要します。それであれば、サイトM&Aサービスで購入したほうが早く、キーワード広告の入札単価が高い業界に関する情報サイトも高く売れる時代です。