売却前に要チェック!サイト売却のデメリット

得意な事をテーマにしたサイトは安定収入になるが・・・

特定の業界内で働いたことのある人間は、深い知識をいかし、その業界に関する付加価値の高い人気サイトを作る事ができます。そして、それは不安定な株式投資やFXなどと比べて明確に安定した副収入となりますし、中長期的な資産形成に大きく役立ちます。しかし、運営に手間がかかる・忙しくてなかなか更新ができない、といった理由で安易に安く売却してしまうのは得策ではありません。もし売ってしまったら、本業以外の大きな収入源を失う事になりますし、例えば本業の会社がいつ潰れるかわからないような状態だと精神的に不安定な状態となります。さらに、会社が倒産したり会社をクビになった場合、不安な中で毎日を過ごさなくてはなりません。そのため、もうどうしても売却したい場合は色々と計算して強気な希望価格を提示してください。それに乗ってくれる人がいなかったら安売りするのではなく、いつまででも買い手が現れるまで待ちましょう。

同じようなサイトを作れない

サイトM&Aサービスを通じてサイトを売却する場合、基本的に売却後に競合するようなサイトをまた作ってはならないという契約にサインをする事になります。禁止期間が一定期間であれば話は変わってくるものの、恒久的に競合サイトは絶対に作ってはならないという契約にサインしなければならないとしたらそれは大きなリスクです。もし忙しさなどが原因で売るかサイトを休止・廃止するか迷った場合、休止の形をとれば、いつでも運営を再開できます。また職を失った場合、職探しをしている間は運営しているサイトを大きな収入源に出来ますが、売ってしまったら特定分野に関する深い知識をいかして稼ぐ事もできません。そういった意味でも、安易に売ってしまう事には大きなデメリットがあります。