こんなにあった!サイト売却のメリット

サイトを閉鎖するのとは大違い

個人で運営してきたサイトの運営が多忙などの理由で困難になってきた場合、いくつかの道があります。その中で、1990年代から2000年代前半まではサイトを閉鎖してすべてを終わらせるのが一般的な方法でした。しかし、2000年代半ばから「サイトM&A」という文化ができ、サイト運営者には新たなオプションができました。これにより、もし閉鎖するのではなく売却するという手段を選ぶと、莫大なお金を得られる可能性があります。ちなみにサイトM&Aサービスでは個人は個人にしかサイト売却できないというような事はなく、大企業に売却する事も可能です。TVCMや新聞・雑誌広告などバンバン打っている企業は相当潤沢な資金をもっており、相手が大企業の場合は莫大なお金を手に入れられる可能性が高まります。

その他のメリットとは

日本でもインターネット人口が年々増える中で、各ジャンルごとの競争が激しくなっています。そして一つのサイトしか運営していないわけではなく複数のサイトを同時に運営しているような状態では、やる事が中途半端になって成功できないような状態になってきています。そんな中、運営をやめたいサイトをいくつか高額で売却する事に成功すれば、一つの事に集中できる環境が整う上に売却資金を機材購入費・広告費等として使う事が可能です。特に莫大な売却益を広告費に回してバンバン広告をうつと、一気にブランド力・社会的信頼性を高められるところがあります。また、売却相手がなかなか個人や中小企業が関わる事が出来ないような大企業であった場合、その企業との付き合いをきっかけに一気に人脈が広がる可能性も秘めています。